Concept

なぜ石鹸が2種類あるの?

 朝の汚れは寝ている間に体内から出てくる皮脂や老廃物、雑菌などが主な原因。 

それなので朝の洗顔に重要なのは過剰な洗浄力ではなく、肌を傷めず洗い上げる優しい洗浄力です。

 夜の汚れはメイクや外気のホコリなど強者揃い。 

毛穴の汚れもしっかり落としてピュアな素肌に戻す洗浄力が必要なのです。

 汚れの原因に合わせて2つの石鹸を使い分ける、それこそが一番効果的な洗顔法です。

詳しくはこちらへ

開発者 美容研究家 武蔵莉衛

開発者より

30代の時、お肌はボロボロでした。元々、メイクも大好きだった私はボロボロのお肌を隠すように、バッチリメイクをし続け更にお肌の状態は最悪に。

 そんな時に体調を崩し入院する事となり、その時の看護婦さんより言われた言葉が「お化粧はしないでくださいね」だったのです。

 もちろん入院中でしたから私はお化粧をしませんでした。 毎日ただ石鹸で顔を洗うだけで、いつの間にか肌がとてもキレイになっている事に気づき、 以前先生に言われていた『「落とす事」の大切さ、「清潔」にする事の大切さ』を改めて気づき、 まずは石鹸にこだわり、固形、練り、パウダー、様々な形状や種類原料の研究をし、 納得の行く石鹸を開発するまでに長い時間がかかりました。

 そして、一日の汚れの違いがある事から、朝と夜の肌の汚れの洗浄能力と成分を変える事で肌への負担が減り、肌本来の力をつけられる事がわかり、今の洗顔法となりました。